INGUNプローブ日本総代理店のWIT エコ活動


WIT株式会社 WIT株式会社 English 簡体中文  
INGUNテストプローブ

WIT株式会社はINGUN社の日本総代理店です。

カタログ依頼 > カタログのご要望は左記からお申込みください。

WIT Co.,Ltd. ご案内

HOME 会社案内 製品案内 お問い合わせ INGUNよくあるご質問 リンク エコ - 使用済プローブの回収 WIT拠点 採用情報プライバシーポリシー環境の認証KES
WIT株式会社
〒270-0163
千葉県流山市南流山8-1-5
TEL : 04-7140-6085
FAX : 04-7140-6086

アジアに販売基盤を構築し、世界各地で最新技術の革命を起こします。

環境方針

基本理念

当社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全社を挙げて環境負荷の低減に努力します。

KESの取得

当社はKES環境マネジメントシステム ステップ2を取得しています。
KES(ケーイーエス)とは、中堅・中小企業向けの第三者認証の環境規格で、
京(みやこ)のアジェンダ21フォーラムのKES認証事業部が運営しています。
KESにはステップ1と2の2種類があり、当社が取得しているステップ2は、
ISO14001に準拠しています。
  初回認証取得日   2006年3月1日
  登録番号        KES2-7-0008

活動方針
  1. 当社の活動、製品およびサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の
    予防および環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を
    図ります。なお環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和および
  2. 気候変動への適応、並びに生物多様性および生態系の保護などを含みます。
  3. 当社の活動、製品およびサービスに係わる環境関連の法的およびその他の要求
    事項を順守します。
  4. 当社の活動、製品およびサービスに係わる環境影響のうち、次の項目を環境管理
    重点テーマとして取り組みます。 (改定日 2017年7月1日)
       ①化学物質の削減・省エネルギー/
         業務用エアコン室外機・室内機点検とエアコンフィルター清掃
       ②環境教育・啓発活動/ 社屋および周辺の清掃活動
        ③一般廃棄物の削減/ ペットボトルキャップの回収
       ④環境教育・啓発活動/ 「暮らしの中のECO話」の社内配信
       ⑤環境保護・生物多様性/ 植物の育成        

   4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言
      全従業員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。

    5. 地域の環境改善活動に積極的に参画します。

 

上記の方針達成のために、環境改善目標を設定するとともに、定期的に見直し
 環境マネジメントシステムを推進します。
    KESとは >>

KES 職場の取り組み  AED (自動体外式除細動器) の設置
  AEDとは、心停止状態の心臓に対して電気ショックを行い、心臓を正常なリズムに戻すための
  医療機器です。法的措置として、緊急時においては誰でも使用できます。
  当社では、AEDを職場に設置し、社員の緊急時の対応に備えているほか、近隣の方々にも使
  用を開放しており、設置情報を社外に公開*しています。
  *流山市の公式ホームページに公開
 ペットボトルキャップの回収
  当社では2010年7月からペットボトルのキャップを回収しています。キャップを回収することで、
  ごみの量とCo2 の発生量を削減することができます。また回収したキャップは、流山市を通して
  NPO法人/キャップの貯金箱推進ネットワークに送られ、ポリオワクチンの購入代にあてられて
  います。
  今では、家庭内で集められたキャップも会社に持ってくる社員が多く、社内で活動が定着してい
  ます。
 使用済み切手の回収
  2014年7月から使用済切手の回収活動をスタートさせ、1年間で1560枚の切手を回収すること
  ができました。回収した切手は、ユニシス研究会に送り、静岡県ボランティア協会を通じて「タイ
  東北部スリン県 タクラーン村の植林募金」に活用されます。この活動は引き続き行っていきま
  す。
 ~生物多様性活動~
  ヒメコマツの育成

  千葉県の絶滅危惧種に指定されている植物「ヒメコマツ」を社内で育てています。
  ヒメコマツは、2002年に県の最重要保護生物に指定され、2009年から回復計画がスタート
  しました。2016年6月、ヒメコマツの保護・育成を推進している千葉県生物多様性センターから
  苗木を1ついただきました。年1回、成長具合を同センターに報告します。
  成木なるまで大切に育てていきます。   

ヒメコマツの育成

2代目のヒメコマツ。

1代目は残念ながら根をコガネムシの幼虫に食べられてしまい、枯れてしまいました。


 どんぐりの苗木の育成
  公園や山からどんぐりを拾ってきて、苗木を育てます。育成したどんぐりの苗木は、
  千葉県流山市の任意団体「小さな森づくり in 流山プロジェクト MOTTAINAI GREEN ファーム」
  に提供します。同団体は、流山市内の公共施設内での緑化整備や被災地などでの
  植樹活動を行い、豊かな生物多様性の街づくりを目指しています。
  私たちは緑が減少していくことで絶滅する可能性のある希少種の保護に貢献します。
 
どんぐりの苗木の育成 どんぐりの苗木の育成
芽がでるまであと数ヶ月かかるようです。
(2016年9月)
びっくり!! こんなに大きくなりました。
(2016年11月)
どんぐりの苗木の育成  
春は間近! 新たな芽が出ました。
(2017年2月)
 
 植樹・植栽活動への参加
  ■東日本大震災で津波の被害を受けた千葉県旭市飯岡にて、遊歩道や神社周辺、海外沿い
   にパンジーやすみれ、ストックなどのお花4000鉢を植栽しました。
  ■流山市十太夫近隣公園にて、流山市立小山小学校の4年生児童114名と一緒に、桜やサツ
   キツツジ、タブノキ、シラカシなど350本を植樹しました。
  
  街に緑があふれ、人々の憩いの場が増えることを期待します。
 
生物多様性活動 生物多様性活動

2016年10月23日 千葉県旭市飯岡 
花と緑で旭を元気にするプロジェクト
主催: いいおか観光遊歩道(銚子古道)研究会、 旭市防災士・介助士ネットワーク

2016年11月17日千葉県流山市 十太夫近隣公園
まちなか森プロジェクト/市制施行50周年記念「トラックの森づくり」植樹祭
主催: 流山市、一般社団法人千葉県トラック協会

WITのビオトープ
2016年9月 10月 11月 12月
2017年3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

プロダクト ご案内

エコマット
プローブ
プローブ
目視外観検査装置
インサーキットテスター
ファンクションテスター
デジタルインサーキットテスターMTS180/300
mpq